安曇野へ。シャンティクティでの「たねCafe」種交換会。

まだ暗いうちから出発。向かう道中、星野くんが感動のプレゼントを!


以前記事にもしましたが、枯れてしまったため伐採を行った杁ノ洞の桜の木。(詳しくはこちら→ http://nature-to-life.house/archives/5333 )

あの時、星野くんが伐採を行ってくださったのですが、なんと、その桜の木でスパチュラを造ってきてくれたの!

もぅ感動です!!焼印まで入ってるーーー!!
触り心地がとっても素敵なのです!つるつるで、触っているとなんだかあたたくて。

あの時、枯れてしまっていても、ただ単に桜の木を「伐る」ということにはとても抵抗がありました。枯れてしまっていてもずっとそのままにしてあったのですが、枝先が崩れて落ちてくるようになってしまって。そして、斜面にあったためいつか倒れてしまうと予測できたので、こどもたちが遊びに来た時に万が一の危険があってはいけないと、伐採を決めたのです。

伐採を自分で決めたのに、直前まで淋しさがあって。けれど、行う前に、桜の木に手を合わせていた星野くんの姿がとても自然で、なんだかほっとして。

星野くんは、あの時も、伐った木で椅子をたくさん造ったりして、木がそこにあった証を杁ノ洞に残してくださいました。

そうしたいと話した訳でもないのに、自然な流れで形に残してくださった。私は、その気持ちがとっても嬉しかった。なんてあたたかい心を持った人なんだろうって感動して。

そして、あの桜の木で造ってきてくださったスパチュラ。あの時で充分すぎるほどだったのに、こんなに嬉しいプレゼントまで受けとらせていただけるなんて。宝物です。
星野くん、本当にありがとう!!

すごいなぁ、こういう形に生まれ変わらせることが出来るなんてとても素敵!!

嬉しくてわくわく気分で向かう道中、空がだんだん明るくなり、土砂降りだった雨も止み。安曇野に入ったら、なんと真正面に虹が!とっても大きくて美しい虹で、あんな色の虹は初めて見ました。写真撮ってみたけど、目で見た方が綺麗だったから消しちゃった。美しかったなぁ。

シャンティクティさんに着きました!いいお天気!

玄関はストローベイル。

フォレストガーデンにはクラブアップルが鈴生り!


草たちと、野菜たちと、人の生活が共存している場所。なんて素敵なんだろう。

まるで絵本の中の世界みたい。

種センター。

お金は不要、約束は「倍返し」のシードバンク。種を持っていったら、育てて、2倍にしてまた持ってきてね、と。なんて素敵。

丸葉藍のお花がそこかしこに満開。この地区の在来の藍と教えていただきました。


真っ白なコスモス。白いお花ばかりのコスモスって、あまり見たことないかも。雨の雫を残していて、美しいなぁ。

建物の屋根にはナスタチウムとか稲とか、いろいろな植物たち。

お庭をご案内いただいた後は、種とり実習。


私は、種を買う、ということをほとんどしたことが無くて。
現在の私の畑には、種を買ってる植物はもうひとつも無くて、種を採り続けていたり、交換したり、分けていただいたりといった種から育てている植物ばかりです。

いろいろに並んだ植物たち。ごぼう、きび、たかきび、あとは分かりやすいかな?

手すりに干してあったこちらの稲、とっても茎が長くて気になって。


「しらげもち」というもち米なのだと教えていただきました。芒と茎が長いということは、原種に近いのかな?とても美味しいもち米なのだそうです。

お昼ご飯はアースオーブンで焼くピザ。

とっても美味しかった!!
リンゴのドレッシングとか、ピザのトッピングになす味噌とか、チーズのかわりに氷餅とか、なにもかもが美味しくて。

そして午後は種の交換会。星野くん、めっちゃたくさんの種!30種くらい?外袋は購入時のもの、中の種は星野くんが育てて種採りし続けてる種。ちゃんと袋を保管し続けてる辺りが凄い!!

育ててみたかったゴルゴの種。嬉しい!

私は、黒千石や亜麻仁などなど7種類の種を。そして、黒千石をシードバンクへ。

各地から集まっていらした方々とのお話もとっても楽しくて。種交換の時間は、いろいろな種たちに夢中で、全然写真も撮らずで画像がありません(笑)あぁ、楽しかった!!学びの深い1日でした。今度はゆっくりと宿泊したいなぁ。

帰りしな、少し分けていただいた「しらげもち」の稲。

嬉しい!育てるのが楽しみです。一粒万倍!

なぜでしょうね、種ってね、手にふれるとそれぞれに、とっても愛おしいのです。

3+