つむぎては、7月8日(日) 平田寺(北名古屋市)さんで、夏の寺子屋 雑草味噌だまづくりをおこないます。
また、そのタイミングに伴い、自然と暮らしの市場も同時開催いいたします。

以前、ご報告をさせていただいた通り、自然と暮らしの市場は年4会の開催とさせていただくことになりました。

平田寺さんで作りたい場は、多くの方が暮らしの中に、利便を求める現代にあって、あえて、生産者との交流を楽しむ。想いのこもったものを買う。暮らしの一部を作ってみる。その中で仲間を見つけ、暮らしを見つけ、ゆっくりと、暖かく、学べる場に、情報の多い現代ですが、僕らの感じている、古くて新しい次の暮らしの魅力を知るきっかけに出来ればそんな嬉しいことはないと感じています。

今回はそんな思いの1つとしての夏の寺子屋を開催させて頂きます。

雑草といわれていますが、昔は野菜として利用されていたものも多く、薬草としても利用されていました。

現在では科学技術の発達により、多くの雑草から有用な栄養成分が発見されて、利用されています。

カラスノエンドウもタンパク質が豊富で、ソラマメの仲間であり、ソラマメと同じような栄養成分が含まれていると考えられています。

このような旬の雑草を7月では使用して、雑草の味噌だま作りを行います。

今回使う雑草は私が雑草を栽培しているものを用いますので、農薬も化学肥料も使っていないものになるので安心して食べてもらえます。
栽培した雑草を和菜と呼び、いろいろなものに活用もしております。

いろいろな雑草を加えて、味噌だまを作り、その味噌だまで毎日のおいしいお味噌汁を飲む事ができます。
味噌だまはもともと保存食でもあるので冷蔵庫で1週間ほど持ちます。また他のワカメなどの具材を入れて楽しむ事も可能です。

味噌は去年つむぎてで作った大豆から作った味噌を用いるのでとてもぜいたくな味噌だまができます。
こちらの大豆も農薬と化学肥料をつかっていないものになります。

おいしい味噌と雑草で味噌だま作りを行ってみませんか?

イベントには、事前申し込みが必要です。下記のページをご参考にしてください!

夏の寺子屋での雑草味噌だまづくり(Facebookイベントページ)

市場の出店者さん情報
こちらは随時更新いたします。

0